薬学、製薬業界、薬剤師、薬学部、薬系就職にまつわる最新ニュースをまとめてお届け。興味ある薬学関連ニュースをUP!!

[ --/--/-- --:-- ]
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

面白いニュースだと思ったらクリックお願い致します。

クリック数に応じて更新頻度が上がります!

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
そんなに冷たいこと言わないでよ。正論だけどさ。

病気が無くならない限り製薬企業は存続するよ。火事が無くならない限り消防署は必要みたいな、、、(あってるかな?)

根本治療薬を出そうと企業は苦労しているけど、そんなのは厳しくてその病気の一部に対する対症療法になってしまうよね。

(少なくとも私は、薬で病気を根絶したいと思っているけど、、、、)

やっぱり寛解まで持っていくのが薬ができることなのかな?

根本だとやはり外科手術が必要になるしね。

薬って万能ではないから、少しでも患者さんの治療満足度を上げるようにこれからも努力していきたいね。

1 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/07/27(水) 08:43:29.39

西洋医学の薬って症状を抑えるだけの対症療法だけど、
本当は「症状を治す薬」も作れるけどわざと作ってないんじゃないの?

例えば花粉症を根本的に治す特効薬は技術的には開発できるけど、
そんなもの開発するして販売しても「1回服用すれば治る」なら一時的な売上しか見込めないから、、
国民に花粉症であり続けてもらって対症療法の花粉症の薬を毎年服用し続けてもらった方が儲かるから、
わざと作ってないのでは?

ガンも鬱病もエイズも花粉症も糖尿病も高血圧も
本当は根本的に治す薬作れるのに作ってないだけでしょ?

精神薬に離脱症状があるのも、薬から離れられないようにわざとそうしてるのでは?





参照:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bio/1311723809/l50





にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

面白いニュースだと思ったらクリックお願い致します。

クリック数に応じて更新頻度が上がります!



2 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/07/27(水) 15:30:39.52

そうだな
けどそうしないと経済は潤わないわけよ




3 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/07/27(水) 22:33:00.05

>>2
会社レベルではそうでも
個人レベルでは特効薬開発したらノーベル賞?か何か貰えるだろうからやればいいのに




4 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/07/27(水) 23:29:23.32

そんな計画してうまく作れないのがお薬なのさ。

テレビ作ろうとしてたら冷蔵庫ができたみたいな世界なんで。

特効薬なんか開発できたら一気にブロックバスターで大もうけですぜ。







5 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/07/27(水) 23:40:08.05

オーファンはもっと高コストだから、どこも手を出さない。



7 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/07/31(日) 13:06:56.14

製薬会社に根治薬つくる技術なんてないから。笑
あくまで各国の政府が主導で新技術を見出して、企業は追従して製品化してるだけ。

例えばアメリカの癌領域であれば政府の旗振りで1937年にNCIが出来て
そこが中心に癌研究をひっぱってきた。もちろん癌学会とか大学とかね。

企業からノーベル賞級の発見ができるのは1990年台なら米国メルクくらい。
今も巨額の研究費はかけてるがそれは、
後半の研究で人への最終調整みたいな段階の治験費用だね。

これでもみて勉強してくれ↓
http://www.youtube.com/watch?v=3pobQRfz0No




8 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/08/02(火) 21:51:35.83

根本治療薬なんて作ったら儲からないじゃん
製薬会社のほとんどが株式会社なのに何言ってるの?




9 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/08/05(金) 15:32:01.23

仮にあらゆる病気を完治する薬なんてできたら
日本だけでも500万以上の失業者でるだろうな
そんなもの開発しても潰したほうが国民の幸せ
医療にどれだけの人間がのっかってるとおもってんだよ




14 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/08/05(金) 22:39:27.59

>>9
医者と看護師だけで100万だからな
あと、看護補助、事務、製薬会社、ヤクザ医師、医療機器メーカー
その他もろもろもろもろ
腐るほどいるからな




57 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/01/28(土) 02:46:40.10

>>14
働いてる看護師だけでもう100万人くらいいるよ




13 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/08/05(金) 22:03:04.50

アメリカでは癌を治す技術はすでに開発されてた
http://33109244.at.webry.info/201101/article_6.html




15 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/08/06(土) 00:35:14.59

製薬会社はロックフェラーさんかの産業



56 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/01/19(木) 00:14:07.34

>>15

世界医薬産業の犯罪って本にかいてあるんだけど
そいつらって薬飲まず、基本的に現代医療に懐疑てきなんだってね

どこまでほんとか知らんけどさ




16 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/08/06(土) 14:20:25.43

100年後にはiPS技術確立して臓器再生が可能



17 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/08/06(土) 23:25:45.11

ES細胞は商売になるので潰されなかったな



18 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/08/06(土) 23:37:22.91

ESなんてもう古いよ
アメリカじゃ宗教上の理由もあってiPS一色
cell読んでればわかる




20 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/08/12(金) 17:55:15.46

ips細胞は医療界の利益になるので潰されなかった



22 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/08/14(日) 23:07:11.90

ガスターの登場で、胃潰瘍手術が激減したっていうのはスゴイよな。その手術をウリにしてた外科医は涙目だったろうけど。



78 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/11(土) 07:10:44.65

>>22
>ガスターの登場で、胃潰瘍手術が激減し

釣りだと思うがそこはガスターじゃなくてタガメットな。
ガスターは4番目以降の商品で発売した時には既にオペは激減した後。




23 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/09/01(木) 19:11:56.20

うつ病をはじめとする精神の薬の離脱症状はわざとだろ




24 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/09/01(木) 22:08:57.57

>>23
脳の研究のむずかしさを全く理解してない文系が同じようなことほざいてたよw




26 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/09/04(日) 22:10:42.69

>>24

よく言うわ。理系トップの知識と技術もってしても副作用出まくりの薬しか作れないくせに。
鬱病の薬飲んだら余計症状悪化するんだろ?




28 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/09/04(日) 22:49:09.98

つまり、良心的につくらなくて、依存性があって、非解離性がある薬しか作れないってことね。
だれがそんな薬飲みたいと思うんだよw




31 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/09/05(月) 01:28:01.10

>>28
別に飲む飲まないは患者の自由だろ
お前頭大丈夫か?病院行った方がいいぞ?




33 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/09/08(木) 08:04:41.55

精神系の薬は離脱症状があると言いますが、
俺は過去、4日で薬やめた時と、2週間で薬やめた時があります。
でも離脱症状は全くなかった。
離脱症状が発生するのは1ヶ月以上服用し続けた場合?

「2週間飲んで効かなければやめる」ってのはどう思う?
2週間くらいならまだ離脱症状出ないから、効力ないと分かったら速攻やめられる。

あと、そもそも離脱症状ないように薬は作れんのかね。漢方薬は離脱症状違うし、まあ漢方は原理が違うか。
でも、西洋薬でも、「マイスリー」、これは、睡眠薬だが精神安定作用も強い。
しかしマイスリーを急に中断したからといって離脱症状は出ない。
出るとしても反跳性不眠だが、マイスリーはそれもほとんど出ない。

実際マイスリーを睡眠薬として以上に抗うつ、抗不安薬として使ってる人もいるし。
マイスリーの原理を応用すれば離脱症状のない薬が作れないの?


>>31
入院中は強制的に飲まされるぞ 自由なんてない




29 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/09/04(日) 23:02:53.95

OTCの白癬の治療薬はそんな気がする



38 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/09/12(月) 18:59:02.93

精神薬に限らず
医療の大半なんて薬売るためにやってんだろ
医療設備の整った都会の人間が長生きしてないのおかしいだろ
大阪なんて日本国内で寿命短い地域ジャン




40 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/09/13(火) 01:42:21.79

>>38
自殺する馬鹿もいるし、設備が整っていても貧乏でろくな治療を受けられない人も集まっているからしょうがないべ。
体に自信があるなら薬に頼らず自己回復力で治せよ。




42 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/09/13(火) 17:37:32.51

たとえ創れても創らないだろw
特許切れたら会社おわるしww




45 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/10/24(月) 04:07:52.54

まず薬や人体の仕組みについて勉強してから意見もらおうか。
ある程度知識ある人なら、薬作るのがいかに難しいかわかるはず。




46 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/11/02(水) 15:47:40.42

難しいよ。だからこそ国営化したほうがいい。
ほとんど外れの博打研究よりどうしても営業活動に重点を置いてしまう。
薬のそのものの競争ではなくなってる。




47 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/11/06(日) 19:45:53.18

薬の開発が難しいにしても、どんな薬も頓服でも飲めるようにしてよ。
風邪が辛い時は食べることも厳しいんだよ。
それなのに、何か食べた後でないと、薬を飲むと胃が荒れてしまう。

でも、抗不安薬、睡眠薬のように「空腹で飲んでも平気な薬」だって多いのに。
全部の薬をそういう風に作れ。




48 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/11/08(火) 23:33:50.70

風邪が薬で治ると思ってる馬鹿
風邪ひいて医者に行く大馬鹿




49 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/11/11(金) 12:41:00.68

このスレタイのようなことができる製薬会社は世の中に存在しない。
薬の開発のことが全く分かっていない素人考えw




50 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/11/11(金) 13:39:56.24

向精神薬をバラまく精神科医は詐欺師、麻薬の売人



51 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/12/03(土) 10:23:10.61

薬を飲む自由も飲まない自由も保障されてる。
医師の処方がおかしいと思えば、医師と納得するまで話せばいい。

自分の病気の問題なら、そのために勉強する時間は惜しむな。
変な情報つかんで洗脳させられることもあるからソースはきちんとしたものを選べ。

情弱は常に搾取の対象。自分は自分を守れ。




58 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/01/28(土) 13:54:18.06

向精神薬のお世話になるような底辺に社会に対して意見する権利なんかないよ



59 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/01/29(日) 10:12:43.33

>>58
底辺だから精神病んでんじゃなくて病んでるから底辺なんだよ。
そこに漬けこむ精神科医。野放しでいいんか?




62 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/04(土) 13:52:13.68

>>59
病んでる底辺の方が野放しにしとけないだろ
人殺す前にちゃんと病院にかかってください




65 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/08(水) 09:12:47.92

生かさず殺さずで金を巻き上げる
癌やエイズの治療薬も完成している
しかし一回の治療で完治させたら儲からないし、世界の人口が増え続けて大変なことになるからな




66 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/08(水) 12:03:21.19

癌治療はもう完成しとるやろ。薬いらんやろ、あれ。
癌が死ぬ温度まで体温上げたらええだけ、めちゃ簡単。
しかし誰もやらんよな。不思議だ。




67 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/08(水) 20:18:21.58

http://video.google.com/videoplay?docid=3598744571416143346#  22分50秒から

沖中重雄教授は生涯の誤診率は60%だったと最終退官記念講義で発言

これだけ誤診しても社会的な問題になってないってことは
結局、病気なんて大半は病院行かずに治るもんなんだろうな




68 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/08(水) 20:27:21.23

義務教育で徹底的に自然治癒が病気治してること教えてたらかなり医療費削れるだろう
医療について、つっつくことは2chですらものすごく受けが悪い
それだけ医療従事者って多いんだろうけどな
看護師だけでも100万越え




69 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/08(水) 22:22:44.53

あほの集まりはここですかww
海外の論文読んでから言えよww




70 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/09(木) 12:18:51.48

医療で食えなくなるっていっているけど、根本治療薬はあったほうがいい
医療という名の下に人々を苦しめることを正当化するのは罪だ
放射能の問題もある
根本的に治すことができるなら、その方が良い
根本的に治すことができるようになれば、交通事故とかくらいになる
介護の認知症くらいの問題だけになる
そうすれば、ベットが足りないという問題もなくなる
医師と看護士は24時間体制なので、患者が少なくなれば丁寧な医療になれるし休暇もとれるようになる
給料だけ、渡していれば良いということになる
病気がすくなくなるっていうのは、無駄な医療費も年金も減らすことができるようになる




75 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/10(金) 05:45:41.63


http://www.tsuchihashi-shigetaka.info/01syucyo/syucyou04.html
名医のご意見

現代医療は、救急的な医療にはすぐれてるが、慢性病にはきわめて貧弱






77 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/11(土) 01:40:14.79

医者だって医療なんて無駄だらけって本音は知ってるだろw



80 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/15(水) 05:54:00.34

>>77
医者自身が、病気の9割が自力で治るとか
薬をやめれば病気が治るとか
一種の暴露本出してる時代だからな




79 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/11(土) 17:37:56.77

まあ医学も薬学も生物学も解っていない阿呆が立てたスレだというのは解った。

んな薬あんなら他社に先駆けて自分とこだけ一人勝ちを目指すに決まってんだろ
世界で数社だけしか存在せずカルテル結び放題というならわからんでもないけど
いままでどんだけ製薬会社が吸収合併されてきたと思ってんだ。出し惜しみなんてしてられないだろうよ

糞スレ立てて恥をまき散らす位なら今からでもお勉強してまともな大学入るか待遇のいい企業に雇って貰えるようになりなさい




82 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/27(月) 22:28:21.68

白癬の外用薬はひどいと思う。外用薬10年で直らなかったが経口4ヶ月で治癒。



85 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/01(木) 15:11:38.36

研究者だが馬鹿なレスばっかで久々にワローンww



89 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/02(金) 18:45:04.51

>>85
こんなやつが研究者?
ありえんだろWWW
基地がイか?




99 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/10(土) 15:15:30.55

抗癌剤Aと抗癌剤Bの比較試験

治療開始
抗癌剤A⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒再発⇒⇒⇒⇒⇒⇒死亡
抗癌剤B⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒再発⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒死亡

こんな抗癌剤は詐欺だ
臨床試験では再発が遅いからって効果があるとされているが、
よくよく見ると完全な死亡までの時間はおなじ
なのに薬価はAの方がむちゃくちゃ高い

再発までの時間が遅れても、その後強烈な副作用で死亡時期
早めてたら意味ないだろ




100 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/10(土) 17:16:34.73

>>99
素人さんへ
治療の選択権は患者
納得出来ないなら他の治療を選択すればいい
薬剤を批判するのは本末転倒

患者の同意がなければ、医療行為出来ません




102 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/11(日) 07:07:54.71

CTで画像検査の日を遅らせるだけでPFSって引き伸ばせる。 あと追跡不能な打ちきり、
センサードケースが多いのは要注意。中間解析は特に要注意だって聞いたことある




103 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/11(日) 08:10:06.38

施設判定と中央判定で結果が異なる
どの開発治験でも差がでる不思議
バイアスの完全な排除はできないんだよ
だから客観的な死亡日で定義される全生存期間(OS)
が神の啓示のように信仰される
QOL改善できてれば、それはそれでいいと思うが、
確認するとQOL改善されてなかったりするし (笑)




104 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/11(日) 08:15:21.46

>>103
別に治験に参加する患者は全て把握した上で参加してるから問題ないでしょ
何が言いたいの?患者のこと馬鹿だと思ってるでしょ君




105 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/11(日) 08:21:32.15

患者はすべてを把握した上で参加してるだ?
それは違う

説明と同意で参加許諾してるが
全ては把握していない

だから自由離脱も認められている
そのかわり代替治療があるかどうかはわからない

だからほとんどは医師に言いなりです




107 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/11(日) 09:44:24.15

>>105
GCP上のICF記載内容知ってる?
もうちょっと勉強してから発言した方がいいよ
痛いから




109 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/11(日) 09:52:10.53

>>107 患者説明文にそれ載せろよ w  ほとんど同意取れなくて 先生予定症例数に全然たりませ~~~ん  って後で泣きつくなよ  それでも契約の金はもらうからな ww



106 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/11(日) 08:44:35.45

患者への説明書に統計のバイアスの話なんて書いてないでしょ?  

統計の話なんて、MRに聞いても顔ぽかーんってしてるだけで、
答えられるヒト一人も見たことないね

かろうじて95%信頼区間で1切ってるからって一点張りでセールス
トーク繰り返すMRがひとりいた

だから逆に聞いてみた、同種同効薬で1切ってない薬の方が世間
では売れてるし認められてるのはどうしてだ?
誰に聞いても、MRさんの薬じゃなくて、あっちの薬だって言うよって

って言われたMRさん

これからみなさまに認められるようにがんばります
だって




108 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/11(日) 09:49:19.86

>>99 
術後化学療法ではこういうパターンあるだろ?
これはどう考える?


抗癌剤Aとプラセボ(経過観察)の比較試験

治療開始
抗癌剤A⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒再発⇒⇒⇒⇒⇒⇒死亡
プラセボ⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒再発⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒死亡

こんな抗癌剤は詐欺だ
臨床試験では再発が遅いからって効果があるとされているが、
よくよく見ると完全な死亡までの時間はおなじ
なのに薬価はAの方がむちゃくちゃ高い

再発までの時間が遅れても、その後強烈な副作用で死亡時期
早めてたら意味ないだろ





111 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/11(日) 10:10:59.29

低脳医師は、報酬や接待でかんたんにころびまっせ? 登録症例数も全然違うぞ 笑



113 どっちがいい? 投稿日:2012/03/11(日) 21:36:32.93

抗癌剤Aと抗癌剤Bの比較

治療開始
抗癌剤A⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒再発⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒死亡
抗癌剤B⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒再発⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒死亡

副作用 A≫B
Aは入院治療 Bは外来治療






114 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/15(木) 01:21:36.24

抗癌剤Aと抗癌剤Bの比較試験

治療開始
抗癌剤A⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒再発⇒⇒⇒⇒⇒死亡
抗癌剤B⇒⇒⇒⇒⇒再発⇒A投与⇒⇒⇒A終了⇒死亡




115 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/15(木) 06:04:14.52

クロスオーバーでOSが打ち消される例ですね?
多分、抗癌剤Aの後治療には対照薬Bも入っている可能性がありますね?
大腸癌のFOLFOX⇒FOLFIRI と FOLFIRI⇒FOLFOX の比較試験ですね?
つまり、AとBは同等。 順序はどちらでもOKってことになりますね?




116 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/15(木) 21:24:58.69

クロスオーバー禁止になってた場合にOSで差がなかったら?



117 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/15(木) 21:55:34.00

抗癌剤Aと抗癌剤Bの比較試験

治療開始
抗癌剤A⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒再発⇒⇒⇒⇒⇒死亡
抗癌剤B⇒⇒⇒⇒⇒再発⇒⇒(開発中A2)⇒⇒死亡

クロスオーバー禁止になっていても、
開発中の新薬とか入ってくることない?




118 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/15(木) 21:59:33.40

治験薬A2の影響なんてわからないでしょ
結果的にOSで有意差ないからだめなんじゃないの?
比率にもよるしね




119 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/15(木) 22:42:55.54

抗癌剤Aと抗癌剤Bの比較試験

治療開始
抗癌剤A⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒PD(⇒⇒⇒⇒⇒死亡)
抗癌剤B⇒⇒⇒⇒⇒PD(⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒死亡)

普通の臨床試験って、PDまでの期間を正確に
検証できるように試験をデザインしていると思う。
PD後死亡までのデータは参考程度でしかない。

主要評価項目をOSにおいていた場合は、
99さんの言うとおりだが・・・




120 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/15(木) 23:24:15.02

毎日CTで画像とってないからねえ
PFSも間隔が短いと信用度が下がるんじゃないの?
PDを確認するまで意図的伸ばすことって理論的には可能
オープンラベルの試験ならなおさら怪しいと思われ




121 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/15(木) 23:50:42.44

プラセボ使ってない試験は怪しい



124 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/16(金) 18:31:23.59

痴呆のくすりもアルツハイマーを治すことはできない わずかに遅らせるだけです それが国内1位です



125 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/16(金) 18:49:56.61

>>124
「痴呆」って言い方してるあたり素人だね
今アルツハイマー「治療薬」が開発されてるの知らないの?
結構業界では有名な話だけど?
ろくに調べもせずに発言してて・・・何ていうか、大丈夫?




131 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/20(火) 10:44:12.76

素人が~などというのはたいてい製薬会社側の人間です。
医療行為の中のしょせん道具に過ぎない薬のウェイトが大きくなりすぎました。




132 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/25(日) 15:19:24.31

むかし医業を志す者は患者を手で治していたのにな

現在は薬がなければ医療は成り立たない 

医者は初心に立ち返り薬と製薬メーカーの有り難味と恩恵を再認識すべきだ




136 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/04/19(木) 00:23:42.44

そもそも根本治療薬開発のためには病気の発症メカニズムの解析が必須
研究が進むにつれて一時しのぎになりそうなメカニズムが解明
根本解決できないからといって放置もできないから一時しのぎのクスリができる。

の繰り返しから根本治療ができると思うが・・・・
「根本治療薬作らない」というなら具体的に病名とそのメカニズムを上げてほしいな
もちろん分子構造やタンパク構造、遺伝子発現レベルでね




137 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/04/19(木) 05:42:27.38

そのとおりですね
ただ、今後はそういった『一時しのぎ』の基準も厳格化されるでしょう
何と比較するのか?
治療満足度は何で測るのか?
費用対効果は?
など
英国のNICEが代表的でそれ以外の国もマネージドケアの発展で
厳しくなるのは今の流れでしょう




150 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/04/21(土) 18:31:47.35

薬を飲む自由も飲まない自由も保障されてる。
医師の処方がおかしいと思えば、医師と納得するまで話せばいい。

自分の病気の問題なら、そのために勉強する時間は惜しむな。
変な情報つかんで洗脳させられることもあるからソースはきちんとしたものを選べ。

情弱は常に搾取の対象。自分は自分を守れ。





powered by 2ちゃんエディタ



関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

親サイト
親サイト
薬学部受験生・薬学部学生・薬剤師を目指す人の薬学ポータルサイト
ブログランキング
応援よろしくお願いいたします。 ビジネスブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へにほんブログ村
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
画像新着記事
最新記事
ページランキング
スポンサード リンク
逆アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。