薬学、製薬業界、薬剤師、薬学部、薬系就職にまつわる最新ニュースをまとめてお届け。興味ある薬学関連ニュースをUP!!

[ --/--/-- --:-- ]
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

面白いニュースだと思ったらクリックお願い致します。

クリック数に応じて更新頻度が上がります!

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
インドは世界の製薬工場と言われているのは薬関係の皆様はご存じのことだと思います。

インド国内の薬事情は、企業人にとって、今大変興味のあることです。

さて、大きく分けて薬の特許には以下の三つがあげられます。

・物質特許(薬のそのものの特許、アスピリンとか、、)
・用途特許(一時、武田とGE各社で争われたアクトスと多剤との併用特許の話です。)
・製剤特許(OD錠やフィルム製剤、徐放性などに関する薬を作る上での特許)

今回の話は、この物質特許のお話ですね。

私も知らなかったのですが、インドには物質特許が存在しないんですかね。

貧しい人にお薬が行き渡らないのは問題だが、新薬を上市して、利益を回収し、

さらなる新薬の創出に企業はやっきしているのに、こんなことをされてしまうと、

研究者の私としては悲しい限りです。まぁグリベックはもうかなり利益は回収したんでしょうけどね。

分子標的薬として世界を席巻した薬を新薬と認められなければ、もう何が新薬かわからなくなってきますね。

もうここまでくると、新薬とは何か、、、から始めなくてはならない笑

*特許のお話は結構複雑なので間違っている可能性があります。間違っていましたらご指摘お願いいたします。



1 やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2013/04/15(月) 08:46:03.16 ID:???

インド最高裁が、スイス製薬大手「ノバルティス」の抗がん剤の特許を認めない
判決を下し、波紋が広がっている。

特許を安易に認めていけば、成分が同じ、より安価な薬の普及を阻害し、貧困層の
健康に悪影響を及ぼすとするインドや発展途上国と、特許の侵害は新薬開発の停滞に
直結するという欧米の大手製薬会社の主張は平行線をたどるばかりだ。

特許は各国の特許法に基づき取得の是非が判断される。
ノバルティスは2006年、抗がん剤「グリベック」の特許申請がインドで
却下されたことを不服として提訴。最高裁は今月1日、グリベックは「既存薬の
化学構造を変えただけで新薬とは言えない」との高裁判決を支持した。
同社インド法人のランジット・シャハニ氏は
「知的財産権が保障されないインドへの投資には慎重にならざるを得ない」と
インドからの撤収もほのめかして不満をあらわにした。

インド政府やインドのジェネリック医薬品製造会社は、判決を「既存薬と変わらない
新薬の特許を取得して、高値で独占販売を続ける欧米流に待ったをかけた」
と歓迎する。
インドは、年間輸出額100億ドル超と世界トップ級のシェアを誇る
ジェネリック製薬業界を抱え、05年まで医薬品の特許を認めていなかった。
同年、医薬品に一定の特許を認めることを義務づける世界貿易機関(WTO)の
協定に基づき特許法を改定した後も、特許を認めることに一貫して慎重だ。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130413-OYT1T00861.htm?from=main3





参照:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1365983163/l50




インド


にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

面白いニュースだと思ったらクリックお願い致します。

クリック数に応じて更新頻度が上がります!



3 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 08:48:56.11 ID:mkVssD3g

ま、ぼりすぎだからな
インドの方が正しいかもなw




4 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 08:55:01.11 ID:YxE7xoQc

>「既存薬の化学構造を変えただけで新薬とは言えない」との高裁判決を支持した。

科学構造を変えただけ・・・・・・・・・
薬品なんて全部そうだろ。



81 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 23:28:31.11 ID:0IjtP7M4

>>4
詳しくはよくわからんけど、効能が変わらない範囲で側鎖だけ変えたものかと。





5 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 09:02:26.94 ID:B6AmQnAK

こういう判決いいね
公共の利益を優先するべきだ
文句があるならインドで商売をしなければいいだけのこと



11 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 09:36:30.66 ID:oPfSB8r/

>>5
インドはインドで商売してない製薬会社のクスリを
勝手にコピーしてジェネリック医薬品として
海外に輸出してるんだけど・・・





6 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 09:09:36.63 ID:EfM/b9aI

インドは成分特許を認めてないんだっけ?
製法特許は認めてるけど、新たな製法を開発すればいくらでも作れるはず




12 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 09:36:53.05 ID:jSNCFmbw

インドやアフリカではしょうがないが
それ以外の地域での販売ならちゃんと払えと




13 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 09:41:33.64 ID:EP2VJWfj

既存薬と新薬の違いをはっきりせんと水掛け論になりそうだね
>「既存薬の化学構造を変えただけで新薬とは言えない」
少なくともこういう認識では特許制度全否定だわ




17 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 09:51:09.65 ID:Ord02pBI

>>13
普通に既存の組み合わせで新規性がなきゃ
どこの国でも特許認められないよ




16 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 09:48:03.33 ID:+c2mNGY9

インド擁護が多くてびっくりだな
日本の工業製品が特許の問題で貧しい人の手に渡らないから
国内でコピっても構わんということなんだがそれでもいいのかね?
これを敷衍すればあらゆる国であらゆる製品のコピーは可能ということになるけど?




72 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 20:53:15.69 ID:mw6ar57e

>>16
TPPで医療や年金が壊滅しかねない状況だから、みんな神経質になっているんだろ。




18 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 09:52:29.17 ID:vnSbXBbD

この判決はアカンだろ
ジェネリックとかはたしかに必要だろうけど、その薬を創りだした企業や大学は守らんと次に続かなくなる




19 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 09:52:30.22 ID:QVcgPKzH

メチャクチャな特許での縛りがあるからなあ。
早いモン勝ちで、少しでも遅れれば総てを失う。これって、正常な競争では無く
銭ゲバ闘争だよ。
インドは正しい。



22 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 10:09:54.33 ID:7XCXd56f

>>19
そんなこと言っても、新薬の開発には莫大な予算が必要なんだぞ。
良い薬が作れたらしばらくは特許で見返りがないと
どこもリスクを負ってまで新薬開発なんてやらなくなるわ。




25 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 10:27:04.40 ID:ehUivHpF

>>22
先行組がいると後発は研究自体をやめてしまう。
大勢で競争した方が良い結果につながると思う。
特許と著作権は一度見直した方がいいと思う。




31 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 11:06:24.93 ID:ggz4wtDF

>>25
後発も莫大な金出せばいいだけ。




35 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 12:02:13.73 ID:/06jogen

>>25
後発が開発しないことと先行の存在は関係ない。
リスクを取って開発するかどうかだけの問題





30 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 10:48:35.22 ID:+HLMeU6X

高額医薬はお金持ちにしか施されないので
インドの判断は正しいかも




33 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 11:52:02.33 ID:o3R+abN0

ゲノム創薬「グリベック」はめちゃくちゃ高いからな
1ヶ月数百万円
だが慢性骨髄性白血病の特効薬
まさに魔法の薬

高いのは薬の開発に数百億かかるからだが
インド人はせっかちだな




37 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 12:09:57.34 ID:/BFpV9GU

特許制度自体、先進国どおしの話し合いの結果だから。より安価に
人の命を救いたい後進国では、ジェネリックがはやるだろ




39 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 12:59:22.09 ID:4nVG0HDl

新薬がなければ後発薬もないのに、新薬の特許を無視してパクリまくると誰も新薬を作らなくなる。
インドのやってる事は、自国さえ儲かれば良いと言う究極の自己中、儲け主義。
インドも中国も韓国も泥棒国家だ。
先進国はこういうパクリ国家には厳しい制裁を課すべき。




41 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 13:20:05.47 ID:k+CCD9zS

これがTPPだと、アメリカが医薬特許期間を延長しろとごり押ししてきてる。
TPPの怖さはそこ。
日本は自動車関税あたりを焦点においてるけど、
そんなのは新興国企業にいずれもっていかれる分野。
しかし金融保険、医療やサービスは早い者勝ち、おさえた者勝ちで、
農業に至っては最初から勝負がついてる。
勝負がついてる農業を人質にして、次々重要分野をこじ開けられてしまう。
インドがTPPに入らないのは当然だし、中国やインドネシアも同様だ。




47 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 14:02:46.78 ID:QK/OJeNO

特許が切れそうになると装飾的にくっついてる部分の構造を微妙に変えた『新薬』を発明するんだろ。
脱法ハーブと同じだよ。ちょっとでも構造が違えば別の薬品。法律で規制されてませーんって。




63 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 19:45:19.31 ID:OCtelSBO

>>47
コンプライアンスの改善が見込めたり使う側に何かしらの利点がなきゃそんなもん作ったとこで売れねーよ
既存の薬は放っておいたって安くなるのに効果変わらず値段だけ高い新薬は意味なし




52 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 15:42:22.54 ID:EdLtiPI4

「既存薬の化学構造を変えただけで新薬とは言えない」

化学構造が違うと安全性検査やり直しだが
ゾロのほうが検査項目は少ない。
最初の検査のコストに対して適正に支払い分担があればいいですけどという話




56 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 19:20:01.75 ID:cco7H8Yc

>>グリベックは「既存薬の化学構造を変えただけで新薬とは言えない」との高裁判決を支持した。

つまりベンゾ系はセルシンだけが新薬と呼ぶに相応しく
他のは真似だから特許無しってことかな?




79 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 23:10:45.70 ID:lc723Wgb

>>56
オキサゾール環やトリアゾール環がくっついたやつ、ベンゾジアゼピン骨格でなくチエノアゼピン骨格のやつは
新薬と認めていいと思う。あと、エステル体にしてプロドラッグにしてるやつも。




58 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 19:38:10.00 ID:aE+Hy0ma

特許が認められないと企業側としては特許出願せずに製法や成分の秘匿で対抗するしかない。



60 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 19:41:53.26 ID:0tPEcjys

阿呆だな。
研究者の開発費用はどう回収するんだよ。
薬は一番最初の開発に膨大な人件費と機材費用がかかっているのに。
しかも、投資した費用が返ってくるかどうかは分からないと言うハイリスク・ハイリターン。

「公共の利益」とか大義名分を掲げて、開拓者をないがしろにしたら新しい薬は全く出なくなる。どうするんだ?
国が開発するのか? なら、どの国が開発を負担するんだ?

インドがしている事は中国のコピー品と同じだよ。
この件は、日本の工業製品も農作物も他人ごとでは無いのに、親日とは言えインド擁護が多くて驚いた。




61 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 19:43:41.90 ID:EdLtiPI4

>>60
アフリカのエイズ薬コピーも含めて
インドだから以外の理由で不法コピー支持派もいるにはいる




64 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 19:52:56.66 ID:kqn6Vgwt

コピーし放題のインドでは新薬開発するバカは居なくなる。
これでインド国民が納得するんですか?



68 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 20:18:43.95 ID:PUROxP36

>>64
開発とか言うレベルじゃない。他の国としては、法律の根幹が違うわけだから
新薬の禁輸を検討するだろう。インド国内でいくらコピーしようと勝手だが、
それを勝手に持ち込んだ行為に関して制裁もあり得る。ココムみたいなものだよね。





74 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 21:10:37.98 ID:G/bNHVja

グリベックって、世間に分子標的薬をしらしめた画期的な白血病の治療薬だな。
薬の特許を認めないという考え方は、支持はしないが、まぁ判る。でも、

>インド政府やインドのジェネリック医薬品製造会社は、判決を「既存薬と変わらない
>新薬の特許を取得して、高値で独占販売を続ける欧米流に待ったをかけた」

これは違うだろwww
どうみても既存の薬(抗癌剤)と全然違うじゃんwww




80 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 23:26:14.75 ID:aE+Hy0ma

なんか勘違いしてる奴がいるが、インド国内で作って実施する分には特許侵害にならないぞ。
特許が成立しない限り、その国ではいくらでもコピーし放題だし使い放題。
アメリカや欧州に輸出したら、特許侵害になるけどな。



82 78 投稿日:2013/04/15(月) 23:31:15.36 ID:W+IVb0X8

>>80

インドは輸出しなくても、周辺の武器商人レベルのダニ密輸業者が
国外に持ち出してしまう。 つまり、パキ・晩倉・スリ・ビルマ
ネパール・アフガンの薬市場が、インドのパチ物に制圧されてしまう。
 だから、欧米の製薬会社が怒っているんだよ。





83 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/15(月) 23:40:36.88 ID:MNB5U+Tu

バイアグラとかプロペシアみたいな特許が切れてない薬の
インド版ジェネリックは幾らでも通販で買えるし、大きな売り上げがある。
インド政府としても国内の製薬会社を考えると今更方針を変えられないんじゃね。




90 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/16(火) 06:58:13.34 ID:UwsXKBtg

俺らだけが新薬開発の費用を負担して、インドが出さないのは不公平だよ。
適当なルールでやって欲しいな。




95 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/16(火) 20:08:12.58 ID:EiM5tGIy

製法を秘密にすりゃええやん。
それじゃ認可しないって国には売らぬで宜しい。




101 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/17(水) 01:41:54.06 ID:UkIGrvXO

仮にこれで製薬会社側からなんらかの制裁を課すとしたら、どんなもんだろう。
特許を認めない国には新薬承認のための治験のデータを提供しないとか?

さすがにゾロメーカーが一から臨床治験をやるとは思えないので、
データなしで(他国で承認されていることをもって)医薬承認しちゃえば
ゾロは販売できるけど、実質的に国の許認可権が無くなって、欧米の医薬
行政の従属になる。
逆に承認しなければ個人責任での使用になって、国の医薬管理が崩れる。
とかそんなところ?




102 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/17(水) 05:32:00.16 ID:p91JZ6xX

中国とインドは欧米の傲慢なルールを受け入れないからな。
ほんと日本はへたれすぎる。




106 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/17(水) 16:20:23.22 ID:cTTEQhQ3

グリベックは慢性骨髄性白血病によく効くけど、保険きいても高いから治療中断しちゃう人がいるんだよなあ



110 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/17(水) 19:15:06.16 ID:p91JZ6xX

製薬なんてぼったくり体質なのに
特許期間が長くなっても安くするわけ無いだろw




115 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/17(水) 20:57:21.54 ID:28kCUXmq

製薬会社は薬を作らないと倒産してしまうので
どんな状況になろうと薬は作る




116 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/17(水) 21:10:07.14 ID:+iZq8N+3

利益が出せ無いとなったら新規の開発は止まるけどね。



117 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/17(水) 21:46:47.26 ID:28kCUXmq

利益が全くのゼロになるなら作らないだろうけど
利益が減るくらいなら新薬を作り続けるよ
むしろ旧薬での利益が減るなら新薬をより多様に作るはず
よく製薬会社を守ることは庶民のためになるとかいうのを見るけどそれは間違い




118 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/17(水) 21:54:51.87 ID:+iZq8N+3

何言ってるんだ?
揚げ足取りしたいのか?

開発費を回収できそうもなかったら新薬なんて何処も作ろうとしない。
それだけの事。




119 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/17(水) 22:22:13.28 ID:Y2XA+bir

「薬は作る」って二つの意味がある
研究開発して新薬を作るって意味と既存薬をただ製造するって意味
インドは最大規模の製薬会社でも後発品メーカーで先発メーカーが無い、だから国内から反発でない
政治的にはそういう理由だけどグリベックが既存薬の構造いじっただけは流石に無理あるだろうw
じゃあグリベックがぱくった元の薬はなんだよ?




130 名刺は切らしておりまして 投稿日:2013/04/20(土) 12:33:32.17 ID:W+bxMN6T

 そんな事言ったらメタンフェタミンもエフェドリンの化学構造を変えただけ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

親サイト
親サイト
薬学部受験生・薬学部学生・薬剤師を目指す人の薬学ポータルサイト
ブログランキング
応援よろしくお願いいたします。 ビジネスブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へにほんブログ村
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
画像新着記事
最新記事
ページランキング
スポンサード リンク
逆アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。