薬学、製薬業界、薬剤師、薬学部、薬系就職にまつわる最新ニュースをまとめてお届け。興味ある薬学関連ニュースをUP!!

[ --/--/-- --:-- ]
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

面白いニュースだと思ったらクリックお願い致します。

クリック数に応じて更新頻度が上がります!

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
私は西洋医学をもとに、製薬会社は成り立っていると思っていますが、

東洋医学をもとにした某漢方系の製薬会社もあるんですよね。

個人的には、本当にこれが不思議(存在意義を否定しているけではありません。)

漢方といっても、成分は西洋医学と同じものもありますし、さまざまなんですが、

漢方はいろいろな成分がちょっとずつ入っているから効いたりするのかな???

漢方って本当につかめない。というか、これが薬の面白さなんでしょうか。

漢方はよく、患者さんの体質に合わせて、漢方を調合するって言っても、何をベースに考えているのか

不思議でたまらないです。

っていうか、調合する人は本当に体質をベースに考えているのだろうか、、

私自身、考えがまとまりません。薬にする場合、西洋医学も東洋医学も合わせたハイブリット医学で

研究できたらいいな。




1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2013/05/05(日) 14:14:45.07 ID:RQrJLyOO0 BE:1557878292-2BP(1000)

生理前のしつこいニキビと便秘! 漢方の診断を受けてみた結果は
http://news.mynavi.jp/news/2013/04/26/285/index.html

引用元: ぶっちゃけ漢方薬って体質改善に効くの? どうだった? ドクダミとかさー





にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

面白いニュースだと思ったらクリックお願い致します。

クリック数に応じて更新頻度が上がります!

関連記事
スポンサーサイト
つい先日、N社の友人と食事することがあったんですが、この話をしていました。

その前に、降圧剤「バルサルタン」の臨床試験を巡る京都府立医大の論文撤回問題を社内で大揉めしているとのことでした。

まぁこの会社は外資系の中でも、いかにも外資系という風潮みたいです。(何言ってんだかでごめんなさい。)

一方で、できる人はめちゃくちゃできるそうで、友人も大変そうでした。

そんな中でこのニュースを聞いたので、社内での競争、もしくは他社との競争が、こんな結末を

招いてしまったのではないかと思ってしまう。決して起きてはならないことです。

私がもっとも悲しいことは、最終的には、データはお金で買えるんですね。

研究から育った薬も、開発の人、営業の人の手で、どんなにも脚色できる悲しさをしりました。

もはやこれは薬単体の力ではなく、組織の力ですね。

薬だけの有用性を単純にランキング化したらどうなるか、大変興味あります。


1: ベガスρ ★ 2013/04/27(土) 14:22:39.50 ID:???0

"米司法省、リベート支払いでノバルティスを提訴"

米司法省は26日、医師にリベートを支払い自社の薬剤を優先的に患者に処方させているとして、
スイス製薬大手ノバルティス(Novartis)を提訴した。

米司法省によると、ノバルティスの米国支社には、処方箋を出す医師たちに報奨を与え、
高価な自社ブランド薬剤の売り上げを増加させた疑いがもたれている。
これら薬剤の対価は、最終的には公的医療制度から支払われることになっている。

ニューヨーク(New York)の連邦地方裁判所に起こされた訴訟で米司法省は、
ノバルティスが、高血圧治療に使用される「ロトレル(Lotrel)」や「Valturna」、
糖尿病薬の「スターリックス(Starlix)」といった自社製薬剤の売り上げを増やすために、
医師に「社交の場」での講演を依頼して報酬を支払ったり、豪勢な食事に招待したりしたとしている。

数千回にもわたり開催された講演会の中で医師らは、「ほとんどあるいは全く該当薬剤に言及しなかった」が、
「ノバルティスは高級レストランで天文学的数字の飲食代を支払って医師らをもてなし、
スポーツバーや釣り旅行といった、教育プログラムとはならないような場での接待に及んだ」とされている。

そのような行為は「実際には講演者と参加者に対し、ノバルティス社の薬を処方するよう誘導するリベートとなる」
と米司法省は述べている。

今回の訴訟は、米当局が同社を相手取り今週起こしたものとしては2件目。
米政府は23日、臓器移植を受けた患者に処方される安価なジェネリック薬品を、
自社の「マイフォーティック(Myfortic)」に切り替えさせるため、薬局にリベートを支払ったとして、
同社を提訴している。

AFP 2013年04月27日 11:03
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2941059/10649904

引用元: 【アメリカ】ノバルティスが医師にリベートを支払い自社薬剤を優先的に処方させたとして提訴される




にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

面白いニュースだと思ったらクリックお願い致します。

クリック数に応じて更新頻度が上がります!

関連記事
備蓄するのは、昨今の大地震に備えるためにはいいことかと思う。

だけど、市内の薬局に備蓄を依頼するのは、結構無茶なお願いなんじゃないかと思う。

ただでさえ、このGE祭りの世の中ですから、もう在庫を抱えることは調剤薬局は無理なんじゃないかと。

それと、タイトルにあるように、病院の周りに乱立する薬局は滑稽なような気がするのは無理もないか。

医薬分業が患者さんにとって無意味に感じている証拠なんだろう。本質は全く別のところにあるのにね。

かといって、患者を獲得したい薬局はどうしても入り口付近の土地に開局したいしね。

これらの考えを覆すくらいのメリットをうたうような啓蒙活動を薬剤師会はしないし、残念。

素人的な考えですが、門前病院は今よりももっと安くするような調剤報酬体系にすればいいような気がしますがどうなんでしょう?




1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2013/04/29(月) 16:14:52.67 ID:cwotg1eA0● BE:100687924-BRZ(10061)

横浜市 災害用医薬品を薬局で備蓄へ

横浜市は災害用に備蓄している医薬品が使われないまま期限切れで無駄になるのを防ごうと、市内の薬局に備蓄を依頼する新たな仕組みを作りました。

横浜市は、災害時に使う消毒剤や止血剤といったおよそ4万5000人分の医薬品を、これまで地域医療救護拠点に指定している市内146か所の小中学校で備蓄してきました。
しかし、中には3年ほどで期限が切れるなど無駄になってしまうものが多いとして、市内の薬剤師会に協力を求め、90の薬局に医薬品の備蓄を依頼することにしました。
災害が起きた際、薬局の薬剤師が避難所など医薬品を必要としている場所に届けるということで、横浜市は年間およそ1200万円の経費削減が見込めるとしています。
一方、災害時の医師や看護師の派遣を巡り、横浜市は東日本大震災の経験を基に専門的な助言に当たる災害医療アドバイザーとして、市内の救命救急センターと医師会の6人の医師と委託契約を結びました。
横浜市は「医師会や薬剤師会との連携を深め、災害発生時の医療態勢の効率化を図っていきたい」としています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130428/k10014249421000.html

引用元: 病院の隣にある調剤薬局ってなんなの?パチンコの景品交換所かよ




にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

面白いニュースだと思ったらクリックお願い致します。

クリック数に応じて更新頻度が上がります!

関連記事
精神薬の広告ですが、結構怖いです。眠れなくなりそうですね。

この広告を見ると、一昔前の○P(現、大日本住友製薬)とチバガイギー(現、ノバルティス)は結構精神薬の薬を持っていたんですねぇ。

ほかの会社でもあったんだろうけど、この2社は精神系は昔は強かったのかな?

現在、ノバルティスさんは抗体医薬などに力を入れていますが、今でも○Pさんは精神系は強いですけどね。あとよく聞くのは吉富製薬(現:田辺三菱製薬)さんですね。

この画像は、昔の絵ですが、現在は、もっとマイルドな絵(リスパダール、マイスリー、レンドルミン、ハルシオン)になっています。

精神薬以外の薬はどうかというと、キャラクター(ハクション大魔王、たれぱんだ)とコラボレーション

している薬もあるそうですね(また聞き)。

製薬会社としては、こういった広告は、いかにインパクトを医者に与えて処方してもらうかの戦略なんでしょうか???

いろいろ勉強になりました。自社の薬も調べてみたいと思います。


1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2012/03/03(土) 03:50:54.49 ID:JPkNNjS/0 BE:392310926-2BP(3000)

「小児を向精神薬漬けに......」業界中が結託し肥大し続ける医療ビジネスの闇
「とりあえず様子を見てみましょう。お薬を出しておきます」
医師からこんな診断をされた経験は誰にでもあるだろう。ハッキリと治療の方向性を見いだせていないのに、
薬だけはしっかり買わされるのだ。
「それは当然です。医療業界の仕事は学者に病気を認定させ、医者にそれを診断させる、そして薬を
買ってもらう。このサイクルをたくさん増やすことなので」
こう答えるのは、製薬会社の営業マンだったこともある元薬剤師だ。TPPを含めた医療制度の行く末には
不安が多いが、現状でも「ずさんな診療による安易な薬の処方で国民は薬漬けにされている」という。
http://www.cyzo.com/2012/02/post_9939.html

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

http://blog-imgs-46.fc2.com/j/a/g/jagisama24/linton1978.jpg
no title

no title

no title

no title

no title

no title



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

面白いニュースだと思ったらクリックお願い致します。

クリック数に応じて更新頻度が上がります!

関連記事
親サイト
親サイト
薬学部受験生・薬学部学生・薬剤師を目指す人の薬学ポータルサイト
ブログランキング
応援よろしくお願いいたします。 ビジネスブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へにほんブログ村
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票
画像新着記事
最新記事
ページランキング
スポンサード リンク
逆アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。